世代を超えて、人気がうなぎ上りになっています

ハムラ法と裏ハムラ法

診察

似た名前だけど施術内容は異なる

実際の年齢よりも老けて見られる原因はいくつかありますが、その中の1つにあげられるのが目の下のたるみです。目は顔の中でも人の視線を集めやすいパーツということもあり、この部分が老化していると他のパーツに問題はなくても、一気に老けて見られるようになってしまいます。若々しさを追及する大人女性が多く集まる街の銀座では、目の下のたるみによる老け顔を解消しようと、美容外科クリニックに相談するケースも少なくありません。銀座の美容外科クリニックでは目の下がたるんでしまった原因に合わせて、適切な美容整形や美容医療を提供しています。目の下がたるむ原因としては眼窩脂肪という目の周りにある脂肪が下がってしまい、目の下まぶた部分に溜まることがあげられます。このような脂肪が下がったことでたるんでしまった目の下を解消するには、メスを使う美容整形が有効です。ハムラ法や裏ハムラ法といった施術法が、眼窩脂肪が引き金となった目の下のたるみを解消するのに効果的と言われています。この2つの美容整形は眼窩脂肪を移動させ目の下をフラットにするというもので、施術後は脂肪による段差が無くなり目元が若返ります。眼窩脂肪を動かして目の下のたるみを解消するという内容は同じですが、ハムラ法と裏ハムラ法は名前が違う通り、施術内容が異なるので、両者の違いを確認して自分に合う方法を選ぶと良いでしょう。

銀座の美容外科クリニックで受けられるハムラ法と裏ハムラ法、どちらも「ハムラ」という言葉が使われていることから、同じ施術というイメージを持つ人もいるかもしれません。実はハムラ法と裏ハムラ法には施術内容に違いがあるので、銀座の美容外科クリニックで施術を受けたい場合は、その違いをチェックしておくことがおすすめです。ハムラ法の場合、下まぶたのまつ毛の生え際を切開して目の下のたるみの原因となっている眼窩脂肪を移動させ、でこぼこを無くすという施術を行います。眼窩脂肪を動かせるだけでなく目の下の皮膚も切除できるので、脂肪だけでなく皮膚がたるんでしまっているのも解消したいという場合、ハムラ法が有効と言われています。もう1つの施術法である裏ハムラ法の場合、下まぶたの裏側にある結膜部分を切開して、そこから眼窩脂肪を移動させるという施術を行うのが特徴です。皮膚を切開することはなく全て結膜部分から施術を行うので、顔の目立つ部分を切らなくていいというのが裏ハムラ法の魅力です。ハムラ法・裏ハムラ法どちらも眼窩脂肪を動かして目の下のたるみを解消する美容整形ですが、このように切開する部位に違いがあります。また目の下のたるみ具合などによっても向いている施術法が異なるので、まずはクリニックを受診して自分に合う方法を相談してみることをおすすめします。

Copyright© 2020 世代を超えて、人気がうなぎ上りになっています All Rights Reserved.